育毛とやら発毛やら紛らわしい言葉があります。でもよく区別できる人は少ないかもしれません。ここでは毛髪に関する様々な情報を提供します。

髪がきれいな男性たち
更新履歴
髪がきれいな男性

最近抜け毛が気になってきた時にまず疑うべきなのはAGA(男性型脱毛症)です。
AGAは早めの対策が必要不可欠ですがクリニックに行くのは気が引ける、知っている人に見られたらと思うとなかなか治療に踏み込めないという人も多いでしょう。
ですので、誰にも知られたくないならAGA治療は薬でするのが一番です。
まずは治療方法についてですが、育毛と発毛の違いからご説明していきます。
育毛は、髪を太く長く育てる事を指し、毛根を毛に成長させる発毛とは違う言葉です。
言葉の定義は厳密ではりませんが、短縮している毛のサイクルを回復したり、健康だった状態まで長期的に毛を育てる事が、言葉上の主な違いと考えられます。
また発毛は、毛が長期的に抜けている頭皮に対し、刺激を与えて、毛が毛穴から出るのを促す方法と言い換える事が出来ます。
育毛は発毛の延長線上にあり、発毛は毛を育て始める前段階になります。
毛を育てる育毛には、少なくても毛が生えている事実が必要で、毛根が休止期に入り、広範囲が脱毛状態なら、育毛を開始する事は困難です。
つまり、育毛前には発毛が必要不可欠で、眠っている毛根を呼び覚まし、産毛が頭を出す必要があります。

これまでの育毛方法は、頭皮をマッサージして環境を整えたり、叩いて血行を促すやり方が主流でした。
しかし、医学の研究と進歩の発展によって、内服薬や外用薬を使った、効果的な治療が行える様になっています。
発毛と毛を育てる時は、どちらの状態も、毛根を休止期へ移行するのを防ぐ必要があるので、双方の研究や治療は重なっている部分が存在します。
発毛剤の多くは、発毛後の事も考え設計されており、一つで二役といった商品も珍しくありません。
一方、育毛に特化した商品は、血行の促進や抗炎症作用、栄養を毛根に届ける工夫等が行われています。
それぞれの役割は当然ながら、市販の商品よりも医療薬の方が特化型で、処方薬は主に二つの種類が使い分けられます。
ただ、毛の成長を促す薬が、発毛の刺激を与えたり、発毛を促進させる薬が成長を支え、助けている側面もあります。
育毛と発毛は、完全に分けて考えられる概念ではなく、毛の状態であったり、サイクルを考える際の違いといえます。

記事一覧

世の中には薄毛で悩んでいる男性はたくさんいらっしゃいますが、人によって受け入れるか対策をするかに別れ...

鏡を見ている男性

育毛サロンの毛髪診断士に帽子を被ることは育毛に優しいのか聞いてみると、なるべく被らないほうがいいと言...

心配している男性

育毛を効率的に進めていく上では好ましくないと言われているヘアスタイルが存在します。 それは、ロングヘ...

髪を気にする男性

発毛をさせるためには頭皮環境を整えていく育毛が必要となります。 育毛と発毛は同義として使用されること...

鏡を見る男性

育毛とは現在生えている髪の毛を育てていくことですが、メリットとしては薄毛リスクを軽減できることです。...